開催要項(第二次)

日本生徒指導学会 第16回大会(群馬大会) 

日本生徒指導学会会長: 森田 洋司(鳴門教育大学)


1 趣旨
「いじめ問題」をはじめ、学校、地域のコミュニティにおける生徒指導の一層の充実が問われている。本会員及び教育関係者を始めとする生徒指導の研究・実践者が一堂に会し、発表や交流等を通して探究するとともに、その成果を広く普及することにより、生徒指導のさらなる機能化を図る。
 大会実行委員長:懸川 武史(群馬大学)

2 大会テーマ
「子どもの主体的な活動を育む生徒指導」

3 事業主体
主催 日本生徒指導学会
共催 日本生徒指導学会関東支部
後援(申請中)  

4 開催期日
平成27年11月14日(土)・15日(日)

5 開催場所
群馬大学教育学部 (〒371-8510 群馬県前橋市荒牧町4-2) C棟
    
6 参加対象 
日本生徒指導学会会員
教育関係者(小・中・高等学校教員、教育行政関係者) 
生徒指導に関心のある学生・院生等

7 大会日程(概要)

第1日目  
11月14日(土)
10:00~12:00
13:00~13:3013:30~15:0015:00~17:4518:00~
公開講座
受付
12:30
 総会
 基調講演
「 「子どもの主体的な活動を育む生徒指導」-いじめ問題を踏まえ-
 シンポジウム
「いじめ防止対策改善特別委員会主催」

 情報交換会
(1)公開講座
 ①学びのユニバーサルデザイン(UDL)研修 
 帝京大学大学院 教職研究科 講師 荒巻 恵子 先生
 
 『アメリカCAST(Center for Applied Special Technology)による学習のユニバーサルデザイン(Universal Design for Learning:以下UDL )の研修を企画いたしました。UDLは、子ども一人ひとりの学習の保障をフレームワークにアメリカにおける学力形成のアカウンタビリティの1つです。
 日本の教育文化において、UDLをどのように導入し、我が国の21世紀型能力の育成の学習デザインを体験します。また、多様性を認め合う学びの風土の醸成、不登校やいじめ等の問題行動や発達障害への対応理念としても探究します。』       

 ②アプリシエイティブ・インクワイリー(Appreciative Inquiry)体験

  群馬大学大学院教育学研究科 教職リーダー講座 教授 音山 若穂 先生

 『組織変革アプローチの一つであるアプリシエイティブ・インクワイリー(AI)の手法のなかから、その導入ステップであるAIミニ・インタビューを取り上げ、体験を通して研修します。教育活動において、学習する組織(learning organization)やOJL(on the job learning)へつなぐ手法です。参加者間の対話により研修を行います。』

(2) 基調講演(13:30~14:45)75分

演題「子どもの主体的な活動を育む生徒指導」-いじめ問題を踏まえて-
講師 日本生徒指導学会会長 森田洋司 (鳴門教育大学)

(3)  いじめ防止対策改善特別委員会主催シンポジウム(15:00~17:45)2時間45分

テーマ 「いじめ防止と子どもの主体的活動」
コーディネーター  日本生徒指導学会いじめ防止対策改善特別委員会
委員長         相馬誠一(東京家政大学)
シンポジスト    日本生徒指導学会いじめ防止対策改善特別委員会
           常任委員  桶谷守(京都教育大学)
                   ※ 群馬県教育委員会 指導主事  1名
                           学校関係者 1名

第2日目  11月15日(日)
9:30~10:0010:00~12:0012:00~13:0013:00~15:30
受付
自由研究発表
5分科会
 昼食
 研修会
(1)公開講座(2) 研修会
 ① 発達障害児の脳トレ教室
講師 根本 樹宏 氏(株式会社 ネモト)   
内容
 発達障害児の「前頭前野」(額正面)に日立の脳血流代謝測定装置「光トポグラフィ」のプローブを装着し様々な課題で「脳賦活実験」を行うと、正常児とは異なる脳血流代謝パターンがみられ、共通して「注意力低下」がみられる。
 一般的に「注意力低下」は「前頭前野の代謝低下」が原因と考えられ、「無気力」や「人の話がきちんと聴けない」「おしゃべりが止まらない」等の、授業態度に問題がある生徒(高校生)に前頭前野を活性化する「二重課題」の「神経心理ドリル」をくり返し実施すると、脳高次機能である「注意力」が増加し、「集中できるようになった」「集中時間がのびた」「他人に気を遣えるようになった」「生徒同士、仲が良くなった」「赤点が激減した」など、「態度・振る舞い」が著しく改善する効果がみられることが判明した。(2007 日本テスト学会「注意力養成ドリルの開発」 根本樹宏)
 そこで、こうした「前頭前野」を活性化する「脳ドリル」を発達障害児に応用できないかと考え、2010年から「発達障害児」(幼児~小中学生)を募集し、「前頭前野に代謝を起こす脳ドリル」をくり返し実施する「発達障害児の脳トレ教室」を行ったところ、特定の脳ドリルで「ADHD」「高機能自閉」「軽度発達遅滞」「言語発達遅滞」「ダウン症」等の「注意力」が増加し「態度・振る舞い」が著しく改善されることが判明した。
 本研修会では、脳科学の最先端の「脳賦活画像」と「ADHDスマート・ドリル」の実施法や効果について講習したいと考えている。

 ② 日本生徒指導学会機関誌編集委員会主催   生徒指導実践研究の進め方と論文作成の実際

司会進行 新井 肇(兵庫教育大学・機関誌編集委員会委員長)
講師:滝 充(国立教育政策研究所 生徒指導・進路指導研究センター 総括研究官)    
   中野 澄(国立教育政策研究所 生徒指導・進路指導研究センター 総括研究官)

内容
1.生徒指導実践研究の進め方(滝)
 学術的と評価され得る実践研究を行うために求められるポイントの解説。
 ※『現代生徒指導論』を持参することが好ましい。
2.生徒指導実践研究の具体例(中野)
 教員(指導主事)が実施可能な実践研究の具体例について発表。
3.質疑応答(滝・中野)
 上記1と2に対する質問のほか、研究の進め方から論文の書き方等に関する
 質問に答える。
 
 ③ 日本生徒指導学会関東支部会連携企画     ワークショップ
「若い教師のための生徒指導 はじめの一歩」~向社会的行動・非認知能力を含めて~

講師:新井 立夫(文教大学経営学部 准教授)
   小谷 彰吾(岡山県私立興譲館高等学校 校長)
   岩城 節臣(千葉県船橋市立高郷小学校 教諭)

内容
 生徒指導は、生活指導とも呼ばれるように、単に教材を媒介とするのではなく、日常の生活の過ごし方、生き方、人としての在り方への「姿勢・態度」に直接働きかける教育活動といえる。つまり、児童生徒一人一人の人間形成を目指す活動であり、個性の伸長と社会性の育成を図りながら児童生徒の自己指導を目指した能動的・積極的な活動である。しかしながら、対教師暴力の増加、陰湿なネットいじめ、学級崩壊、モンスターペアレント対策等々、今日の学校教育は、数多くの問題の対処に迫られている。その中において、教職年数が浅く、経験知の少ない、特に若い先生方は、その対応に追われ困り果てているような状況も耳にすることがある。
 このワークショップ「若い教師のための生徒指導」は、問題行動の対処療法的な対策といった消極的な面だけでなく、本来の生徒指導の意義を考え、児童生徒一人一人にとっても、学級や学年、さらには学校全体といった様々な集団においても、有意義かつ興味深く、充実したワークショップを目指すものである。それぞれのパネリスト(提言者)の立場や役割を踏まえて教師と生徒・保護との信頼関係及び生徒相互間の好ましく、望ましい人間関係の構築の在り方や地域関係者との連携の在り方にもふれて生きたいと考えている。
 その一例としては、学校と生徒及び保護者との間で、明確な対処の指針やルールを定めておくことが必要である。向社会的行動・非認知能力の育成を含めて、論語などを題材に人格形成の視点にたった生徒指導の在り方を一考することも有意義であるといえる。さらには、体験的な活動の視点からは、毅然とした生徒指導に基づく「構え教育」や「アクティブ・キャリア教育」、「授業規律」の展開の在り方、生徒の行動規範、校則の実態、職員間及び家庭、地域社会連携などを中心に話題提供をしていただき、このワークショップ参加の皆様を交え、今後の教育現場で活きる、そして、元気のでる生徒指導の在り方を探りたい。

8 大会参加費 
(1) 支払について
   参加当日受付にて、事前に「参加申込書」にご記入された金額をお支払い願います。 
(2) 参加費
  両日参加: 会員 3,000円(学生会員 2,000円)
        非会員 4,000円(学生非会員  3,000円)
  1日参加: 会員  2,000円(学生会員 1,000円)
        非会員 3,000円(学生非会員 2,000円)
  情報交換会:4,000 円

   ※本会の学生会員は現職をもたない学生(および院生)です (会則第17条2)
 
9 参加申込方法
  (1) 事前参加申込別紙「参加申込書」により下記期限までにお申込願います。
 

 申込み期限 平成27年10月30日(金)


 New!参加申込書(Word)
 New!参加申込書(一太郎)

 ※ 上記「参加申込書」により、送信の場合はメールアドレス、またはFAX番号へお申込み願います。郵送送付の場合は、下記宛へお申込み願います。
 メールアドレス
 peer.1tk1@gmail.com
 TEL・FAX
 027(220)7372

 郵送送付先
〒371-8510
前橋市荒牧町四丁目2番地
群馬大学教育学部A棟501室
教育学研究科教職リーダー講座 懸川研究室 宛
※ 大会第2日目の「自由研究発表」を申し込まれた方も、別紙「参加申込書」により事前申込願います。  

  (2) 公開講座、研修会への参加について
 別紙「参加申込書」に公開講座、研修会への参加希望をご記入願います。
 なお、当日変更は可能です。 

  (3) 当日参加について
 大会への当日参加は可能ですが、第1日目公開講座、第2日目研修会への参加は、事前申込された方を優先いたします。 

10  第16回大会会場
群馬大学教育学部  荒牧キャンパス    JR両毛線、前橋駅にて下車、北方へ8Km 
(1) 前橋駅  ※ バス:JR前橋駅北口2番乗り場 (関越交通バス)
  【群馬大学荒牧経由渋川駅行】(所要時間約28分)     
  【群馬大学荒牧経由渋川市内循環渋川駅行】→「群馬大学荒牧」下車  
  【渋川駅行】(所要時間約25分+徒歩10分)     
  【渋川市内循環渋川駅行】→「前橋自動車教習所前」下車 
(2) 渋川駅から関越交通バス【前橋駅行】に乗車。(所要時間約33分) 
※ バス:JR新前橋駅東口乗り場 (関越交通バス)
  【群馬大学荒牧経由スポーツセンター行】→「群馬大学荒牧」下車 
(3) JR群馬総社駅(タクシーのみ)   
(4) 駐車場  自家用車での参加は可能です。
駐車場は、P10:正門(東側)を入って直進後、右折し直進した北側の駐車場。
または、P5:正門(東側)を入って直進後、右折し直進しP10の駐車場入り口を左折した教育学部N棟北側駐車場をご利用ください。
近隣の商業施設等への駐車は絶対にしないでください。              

11 宿泊
    宿泊の斡旋はいたしません。

12 第16回大会(群馬大会)問い合わせ先

〒371-8510 前橋市荒牧町四丁目2番地 群馬大学教育学部 A棟501室
教育学研究科教職リーダー講座 懸川研究室 宛
メールアドレス peer.1tk1@gmail.com
TEL・FAX 027(220)7372